アーティスト

佐藤裕希恵

Soprano 佐藤裕希恵

東京藝術大学声楽科卒業後、同大学院古楽課程に進学、卒業時にアカンサス賞を受賞。声楽学部在学時より本格的なミュージカル活動を開始、『The Ryo-unkaku』ハル役(主役・浅草公会堂)、ブロードウェイミュージカル『Into the woods』ラプンツェル役(東京芸術劇場)などをはじめ、多くのミュージカル、芝居で主役を務める他、演出や劇団、宝塚受験スクールでの声楽講師・指導も手がける。

古楽での更なる研鑽を積むため、大学院在学時よりスイスの古楽専門学校スコラ・カントルム・バジリエンシスへ留学。オペラ《ルジェーロの救出》(バーゼル、ドレスデン・ゼンパーオペラ)主役、アルチーナ役に合格、その他アンドレア・マルコン、リナルド・アレッサンドリーニら著名な指揮者とのプロジェクトにソリストとして出演する他、2014年9月以降アンサンブル・ジル・バンショワ、ラ・モーラら古楽界有数のアンサンブルにソリストとして共演予定。国際古楽コンクール“Canticum Gaudium”第一位受賞(ポズナン、2013)、国際ヘンデルアリアコンクールファイナリスト(2014年6月現在。7月本選、アメリカ)、アンサンブルラ・ドルチェ・マニエラメンバー。国内外問わず広く活動。

これまで声楽および古楽声楽を三縄みどり、野々下由香里、波多野睦美、ゲルト・テュルク、ドミニク・ヴェラール、アガタ・ウィレウスカの各氏に師事。

Return Top